2017/9/1 【入社式】!

インターンシップ実習10日目!本日は入社式・研修会がありましたのでそちらに同席させていただきました。

新入社員の方々にまぎれて私が学んだ・印象に残っていること(井上会長のお話から)を2つ、ご紹介したいと思います!

 

~目の前のことを一生懸命やる~

口にすると簡単ですが、”一生懸命やる”とどういった気持ちになるのでしょう。やりがいを求めるあまり、ときたま感覚が麻痺して、やりがいがなんなのか分からなくなってしまうことはありませんか?

井上会長はこう仰いました。”結果”と”喜び”を感じ得たときだと。

 

~チャンスの神様には前髪しかない~

姿をイメージしてみると面白いですね。

大学3回にして恥ずかしながらこの言葉の意味を知らなかった私は、とても感慨深く話を聞いておりました!

前髪しかない=後ろ髪がない、ということですので、このチャンスの神様が傍を通り過ぎてしまってから気付くようでは遅いのです!神様がお通りになることを事前に察知し、正面から髪の毛を引っ掴まなければなりません。このチャンスを掴むキーポイントとなるのが、”目の前のことを一生懸命やる”ということでもあるのです!

 

本日でインターンシップを終了させていただくこととなりましたが、この10日間、新しい発見・学びの毎日でした。(株)クーバルさんでインターンシップさせていただかなければ得ることのできなかった経験を、たくさん、積まさせていただきました。お仕事の傍らご指導いただいた皆様、本当にありがとうございました!

 

 ”おおきにを、もっとおおきく!”

この記事を書いた人

豊後美奈穂/山田琴未

豊後美奈穂/山田琴未

経営中枢機能を知る! ; 人事部

経営中枢機能を知る!も第4弾となりました。今回は人事部の安田一成部長にご協力いただきましたので共有いたします!

 

①誰を対象に、どのような仕事をおこなっているか

→従業員というよりも組織のための業務内容といえます。メインは雇用と人材育成です。 事業を拡大していくためには人員の確保は必須ですが、さらに、私たちと同じ目的意識を持ち歩みを共にしてくれる人を探しています。また、人材育成をすることによって各事業所の状態を好くしていくことに努めています。

②仕事をする上で気をつけていること

→期限1日前までにはタスクをこなすようにしています。そうすることで見直す余裕もできるので、ミスもなくなりますね。

③仕事のやりがいを感じるのはいつか

→会社というよりも同じ仕事仲間に貢献できたときです。

④学生のうちに身につけるべきこと

→社会人になってできないこと=時間のある今でこそできることに挑戦してください。海外へ行くこともしかり、興味のある資格をとるなどですね。

また、学生から社会人になるにあたって、広く・様々な業種を知ったうえで就活に挑んでください。「一度就職した企業がイメージと違った。そのあと転職したところは天職でした。」といった回り道で得ることもあるかもしれません。しかし、それが1年、3年経ってから気付いたとなるとやはり時間がもったいないと思います。こうした”遠回り”にならないためにも、学生のうちに様々な業種があることを知ってください。

⑤仕事をする上で大切にしている信念

→仲間を裏切らない。

これまで、私は興味のないことに足を踏み入れても新しい発見を必ず得てきました。そうした理由から回り道・寄り道をする慣習がついています。ですが、④の回答をいただいて、どこでもかしこでも回り道・寄り道をしないようにしようと考え改めました。

 

安田さん、インタビューにご協力いただきありがとうございました!

この記事を書いた人

豊後美奈穂/山田琴未

豊後美奈穂/山田琴未

経営中枢機能を知る! ; 総務部

つづいてインタビューにご協力いただきましたのは、総務部の田中正己部長です!

これまで同様、5つの質問にお答えいただきました。

 

①誰を対象に、どのような仕事をおこなっているか

→会社の所属するすべての従業員のために会社の給与制度を管理したり、社会保険の手続きなどを請け負っています。”後方支援”という立場といえますね。

②仕事をする上で気をつけていること

→①のような仕組みを担っているからこそのダブルチェックを欠かさずおこなっています。

③仕事のやりがいを感じるのはいつか

→後方支援の内容はできて当たり前のことですが、ミスというのはどんなことに対しても付き物です。漏れなくパーフェクトにこなせているときは、やはりやりがいを感じます。

④学生のうちに身につけるべきこと

→労働基準法の内容、社会保険の手続きやPCスキルなど、一般常識や基本的なスキルは身につけておくと役に立ちます。

⑤仕事をする上で大切にしている信念

→「人の喜びを我が喜びとする」

 

私は一般常識でまだまだ知らないことは多いですし、Excelも使い慣れていません。社会に出るまでまだ時間がある今のうちに、しっかり身につけなければならないと、気付かせていただきました!

それから、最近「利己的な考え方をすることが多いかも…」と思案に耽っていたところに田中さんの「人の喜びを我が喜びとする」という信念を聞いたときは、胸につきささりました。

日本人の心を忘れないようにします!

 

田中さん、インタビューにご協力いただきありがとうございました!

この記事を書いた人

豊後美奈穂/山田琴未

豊後美奈穂/山田琴未

経営中枢機能を知る! ; 新規事業開発部

今回は新規事業開発部の志田義高部長にインタビューをおこないました!

インタビュー内容は先日おこなった経営管理部同様となります。

 

①誰を対象に、どのような仕事をおこなっているか

→地域の方を対象に、行政の手の回らない問題を解決するために新しい事業を考えます。

②仕事をする上で気をつけていること

→仕事は一人ではできないことが基本です。相手がいるからこそのスケジュール管理はやはり重要ですね。ダブルブッキングなんていうのはもってのほかです。

③仕事のやりがいを感じるのはいつか

→一番は仕事を通して出会った人の笑顔や喜んでくれている様子を見たときです。それから、自分の関わっている周りの人たちが試練や壁を乗り越えてタスクを達成したときも、嬉しさを感じます。

④学生のうちに身につけるべきこと

→様々な人と出会い、話を聞くことです。例え自分とそりが合わない人であっても、みんなその人自身の”正義”をもっています。その正義を理解することで自身の知見が広がり、成長につながると思います。

⑤仕事をする上で大切にしている信念

→明るく、楽しく!

 

日ごろスケジュール管理はしているものの、社会人のになるとさらにその管理の重要性は高まるものだと思います。スケジュール管理は在学中から意識し変えることはできると思うので、これからしっかりおこないたいと思います。

また、④に関しても、人と話すこと・聞くことが好きという性格を活かして、様々な方と接点をもちたいと思います。

ちなみに、私が人と話をしていて面白いと思うのはその人から新しい情報を得られるということです。そこからさらに新たな趣味へと発展することもあるので、これからも大切にしていきたいと思います。

 

志田さん、インタビューにご協力いただきありがとうございました!

この記事を書いた人

豊後美奈穂/山田琴未

豊後美奈穂/山田琴未

会議に出席

実習8日目。本日は2度にわけてブログをUPいたします!

まずは午前中に見学させていただいた会議に関する記事です。

“企業の会議”に同席させていただくという貴重な体験であったわけですが、非常にスピード感のある会議でした。

私も大学で所属している部活でミーティングをおこなうことはありますが、「これが社会人のおこなう会議なんだ」と違いをまざまざと感じました。

 

事前に準備をしておくこと(議題内容の把握や情報整理など)がキーポイントになるのだと思いました。

この記事を書いた人

豊後美奈穂/山田琴未

豊後美奈穂/山田琴未