経営中枢機能を知る ; 経営管理部

インターンシップ2週目に入りました本日は、経営管理部にインタビューをおこないまし!質問内容は以下の通りです。

①誰を対象に、どのような仕事をおこなっているか

②その部署内において、仕事をする上で気をつけていること

③仕事のやりがいを感じるのはいつか

④学生のうちに身につけるべきこと

⑤仕事をする上で大切にしている信念

これらの質問は、学生の私たちが抱いている”将来社会で働く”という意識をベースに考えました!

 

それではさっそく、経営管理部の中山寿治部長からいただいた回答をお届けします。

 

① 対象は大きく分けて経営者と従業員とになります。経営者には、参入している(しようと考えている)市場・業態の状況を分析し情報を提供します。従業員に対しては、各部門のお金の収支を開示することで仕事への主体性を促し、経営に参画してもらっているそうです。

② 数字の管理はきっちりおこなわないと信用を損なわれてしまうので、そこを気をつけています。

③ 月1の経営会議などにおいても、経理の数字がきっちりと見える(開示されている)状況になっているときだそうです。

④ ずばり、簿記について知識をつけることです。コンサルタントの方とお話をするときに専門用語が飛び交いますので、当然、そういった知識の蓄えが前提となります。

⑤ 求められているもの(仕事の成果)以上に結果を出すことだそうです。

 

“経理”という言葉は知っていましたが、お金の管理をおこなっているのかな・・・という漠然とした認識でした。ですが市場や業態などの分析もおこなっているということを初めて知り、大学で学んでいる経営学の講義内容が関係しているんだろうな、と独りでに考えていました。

また、⑤の”もとめられているもの以上に結果を出す”という信念は、学生の私が社会に出たときにも意識したいと思っていたので、以前より”社会で働く”ということを考えさせられました!

この記事を書いた人

豊後美奈穂/山田琴未

豊後美奈穂/山田琴未