初めてのインターンシップ・初日

こんにちは。私はインターンシップ生の大阪樟蔭女子大学の加川芽唯です。大学では児童教育について勉強しています。インターンシップに参加した理由は2つあります。1つ目に社会人基礎力を身につけることです。2つ目に社会人としてのコミュニケーションのとりかた、そこからの良好な関係の築き方を学ぶために希望しました。

本日、私はリハビリセンターayumi江坂店にお邪魔させていただきました。ayumiは訪問処置とリハビリデイサービスを行っています。

訪問処置では、利用者様のご自宅まで看護師が訪問し、食事や薬の指導であったり、床ずれ防止、処置を行っています。デイサービスでは、送迎から始まり、バイタル測定(血圧・脈拍など)をして、20分間の休憩を挟みながら個別にリハビリを行っていきます。疾患・身体に合わせさまざまな個別プログラムを提供しています。タイムスケジュールは午前・午後に分かれていて選ぶことができます。

看護師や理学療法士やさまざまな専門知識を持つスタッフたちで連携をとり柔軟かつ広い視点で利用者様を支援することができるため、より心と身体に合わせた個別のプログラムができるのだと感じました。

リハビリセンターでは実際に見学させて頂いて、直接利用者様のお話を伺うことができました。みなさま「ayumiはええところ」とおっしゃっていて、利用者様同士やスタッフとのコミュニケーションを楽しみに来られています。ayumiに来たからできるようになった!という話をたくさんお聞きしてayumi に来た事で人生が変わった方がたくさんいるのだと感じました。

スタッフ同士、仕事の話からプライベートの話までたくさんのコミュニケーションを取っていました。ですが、馴れ合いの関係ではなく1人1人が自立していて自信を持たれていました。とてもスタッフのみなさまがかっこよかったです。

コメントは利用できません。

新卒採用のエントリーはこちら

募集要項/エントリー