8月のキラッとさん

今月もフィロソフィを実践されていた人として、クーバル従業員をご紹介します。一人目はカーブス事業部小川葉月さんです。小川さんは、カーブス十三本町で店長に次ぐ2番手として、店長不在時もチームの目標達成のために「仲間のために尽く」された、その実践が今回賞賛されました。

このたび賞賛された感想をお願いします

たくさんの従業員がいる中で、一人をしっかり見てくれていることにありがたいと感じています。特に、積極的になれたところを褒めていただけたのはうれしいです。

なぜ積極的に活動できたのですか?

色々なことを任せていただいていることもあります。部長や課長、店長からもスタッフとしての活動だけではなく、全体を見られるように活動をしてほしいと言われているので、それを意識しています。例えばチームで活動する中で誰かが(ある日)欠けたとしても、メンバーさんには普段と変わらない品質のサービスを提供していかないといけない、と思ったときに、自ら進んでチームを支えるというところで活動をしなければいけない、と思いました。 率先して行動することって苦手だったのですが、やってみてできるようになったということと、後輩ができて「支えるのはまず自分」という思いになったことも、今の行動力に繋がっています。

「仲間のために尽くす」で賞賛をされましたが、職場にもそうさせるものがあるように思えます

そうですね。 クーバルへ入社する以前の職場は個人戦でしたが、今はチーム全体で目標を追いかけていて、支えあいながら追う環境が作られています。相談事や悩みを、しっかり受け止めて答えてくれます。店舗内だけでなくマネージャーや他店の店長も聞いてくれるので、ありがたい環境だと日々感じながら仕事をさせてもらっています。

最後に、フィロソフィをどのように生かしていますか?

一つひとつのフィロソフィを常に意識しているわけではないですが、朝礼で輪読して「あぁ、そうやな」と確認して仕事に入れています。自分たちの活動にもリンクしていて、朝読んだフィロソフィがその時の判断の助けになったこともあります。
「仲間のために尽くす」は好きなフィロソフィのひとつで、チームの2番手として仲間を支えるためにはどうしたら良いのか、を考えながら活動をしています。 また、マイナス思考になった時に、フィロソフィを読んでどうプラスに転換しようかとか、相談しようとか考えたりします。良いイメージで活動するために、プラスの捉え方ができるために、フィロソフィは活用できると思います。

コメントは利用できません。

新卒採用のエントリーはこちら

募集要項/エントリー