うちのキラッとさん

11月頑張っていた、フィロソフィを実践していた、ということで選出されたのは、nagomi事業部帝塚山店の種市愛さんです。10月までは相談員の役割を担っていましたが、11月からはインストラクターも兼務し、一人二役を担われてます。それも誰からか指示された訳ではなく、ご自身で二役担うことを決意して報告したとのこと。このチャレンジ精神が高く評価されました。

「うちのキラッとさん」に選ばれた感想を聞かせてください

「評価していただきありがとうございます」というのが素直なところです。「私でいいのかな」「もっと頑張っている人がいるんじゃなかな」って思ってます、恥かしがり屋なので。

なぜ「一人二役」をやってみようと思ったの?

インストラクターをしていた藪下くんが「天使と小さな悪魔のカフェ」への異動を希望したときに、彼が抜けたときのことを考えておくべきだと思いました。カフェは彼のやりたいことでしたし、彼の成長の機会にもなると思ったので、人が充足されないことでこのチャンスをつぶせない、しっかり送り出してやりたい、と思いました。私は以前にもしばらくの間、インストラクターと相談員を兼任していたこともあったので、躊躇なく選択できたということもあります。他の店舗からの支援をお願いしなかったのも、来てくださる利用者様にも、顔なじみのスタッフがこれまでと変わらずサービスを提供するほうが良いと思ったからです。少なからず関係性のないスタッフには気も使われるでしょうし、これまでと変わらない心地よさを提供するためには、「私がやるしかない!」と。

チャレンジしてみてどうでしたか?

誰しも「(他の人に委ねなくても)私ができないかな?」って思うことが、大きいこと、小さいこと関係なくあると思います。そんなことをまずやってみることが大切。プラスになることの方が多くありました。私の場合、相談員の目線だけでなくインストラクターの目線でも、ご利用者さんと接する方法が身につきました。心のメンテナンスだけでなく、できるようになったことをほめる、励ます声かけを経験し、ご利用者さんの喜ぶ顔をみて、声かけの幅が広がりました。

「フィロソフィの実践」ということで一言下さい。

今回は「チャレンジ精神をもつ」ということで評価をしていただきましたが、個人的には「仲間のために尽くす」を意識していたんです。でも実践することで、自分が意識していたこと以外でも評価をしていただけるものなんですね。個人的には「常に明るく」を常に意識しています。以前ちょっと疲れているときにご利用者さんにそれを見抜かれて、元気になってもらうために来てもらっているのに、そんな姿を見せて心配させてはいけない、と反省しました。相談員だけの役割にもどっても、利用者さんの前に立つときには「常に明るく」を意識しつづけて、励ましていくようにします。

コメントは利用できません。

新卒採用のエントリーはこちら

募集要項/エントリー